生糸・絹糸・絹ミシン糸・人形の髪の毛(すが糸)・日本刺繍糸・正絹唐打ち紐・繭だま・帽子真綿・金糸・銀糸は西陣の糸屋にお任せ下さい!
絹糸は西陣の糸屋
 
西陣の糸屋 情報資料館
 
絹糸は西陣の糸屋
 
目次
絹糸の解説 ◆生糸の呼び方と構造
◆機械製糸と座繰り
◆生糸 ・絹糸の節
◆良い糸 ・悪い糸
◆玉糸のお話
◆手引き真綿糸
◆専門用語の意味と呼び方
◆キビソ糸 ・ビス糸
◆絹糸の撚糸
◆真綿糸などに使う撚糸

◆生糸の保管状況と品質
◆経糸 ・緯糸の違い
◆経糸の糊付け
◆枇杷染めのお話し
◆撚度の差による染色の違い
◆英式綿番手と仏式綿番手
◆幻の糸 網糸
◆長繊維と短繊維
◆ちょっとしたお得な情報
◆21中8本片が出来るまで

◆21中8本双が出来るまで
◆柞蚕糸のお話し
◆八墓村のたたり
◆糸の撚り回数の違い
◆しのぶもぢずり
◆長さの単位
◆猿でも解る?簡単な撚糸
◆御召しと縮緬のお話
◆御召しと縮緬のお話2
◆絹糸の驚くべき強度

◆絹糸の精練と絹鳴り
◆これって同じ糸?違う糸?
◆カセ状の糸の名称 ・扱い方
◆筬の密度と経糸の必要量
◆杢糸って知ってる?
◆西陣織業界の職種
◆絹糸の判別方法
◆強撚糸
◆壷糊と一本糊
◆経糸密度と繊度の関係

◆本金糸と金糸と銀糸
◆糸の喧嘩(太さ調べ)
◆先染め織物と後染め織物
◆絹糸のロット違い
◆絹糸を分析する
◆二子(ふたこ)と三子(みこ)
◆太い絹糸と細い絹糸の価格
◆絹って?シルクって?何?
◆イタリー式撚糸工場
◆リング式撚糸工場

◆未精練での染色(生染め)
◆戦後の歴史と繁栄 製糸商標



●ぷちぷち桑農家日記
●続・ぷちぷち桑農家日記
●蚕蛾の一生
●新・ぷっち養蚕農家日記
●続・ぷっち養蚕農家日記


●天蚕飼育家との出会い



手織り&人形展示会 ◆織物展示会のご案内
◆人形展示会のご案内
●旧織物展示会
●旧人形展示会


手織り&人形リンク ◆織物教室&作家のリンク
◆人形教室&作家のリンク
◆手芸材料店のリンク
◆掲載依頼フォーム


西陣の糸屋に連絡 ◎メールによるご質問
◎直接メール


西陣の糸屋の経歴
西陣の糸屋の会社案内
生糸・絹糸・金糸の情報


○昔の西陣の糸屋TOP
 

 強撚糸

良くお客様から「強撚糸」と言う名前をお聞きしますが正直「強撚糸」 という言い方は実にあいまいな名前で世の中に「強撚糸」と言われている 糸はいっぱいあるのです。

通常お客様から「強撚糸」と言われると僕の頭の中にはだいたい4種類 の糸が思い浮かびます。
ではそれはどんな糸なんでしょう~

もちろんわたしんとこでは絹糸しかありませんが、他店に行かれれば それこそ他素材でもあるでしょ~?(他素材は商品知識がないので)

僕なりに絹糸について特化して書かせて頂くとこうなります。はい!


☆特駒撚り(とっこま)
以前にも紹介しました駒撚り(双糸の撚りの強い糸)で西陣では着尺の経糸に使用される糸。
精練をすると若干縮みますので乾燥時は糸の下側に重りをぶら下げて乾燥する必要があります。 ある程度の経験がないと使用出来ない糸かな?着尺以外では使用は少ないので比較的細い糸しかなく当社でも種類は少ないです。
28中6本特駒・31中4本特駒・28中12本特駒など。


☆御召緯(おめしぬき)
西陣お召(先染めの着尺)で有名な着尺用の糸で片撚りですが1mに3000回程度の撚りがはいっている扱いにくい糸。撚りが戻らないように若干セリシンは落ちていますが糊を付けて撚糸をして木の駒(木製のボビン)に巻き付けてあります。
専用の撚糸機が必要な珍しい糸。もちろんご購入後の染色は不可能です。
他産地ではほとんど使われない西陣独特の糸。
当社小売り販売はそのうちの1種類で21中6本強片撚り(色は白色で右撚りと左撚りを1セットとして販売しております)


☆縮緬緯(ちりめんぬき)
特駒撚りと似ている双糸なのですが下撚りに対して上撚りが甘く極端にバランスの悪い変な撚糸。
通常はこの糸を未精練で緯糸に使用し織物を造り白生地状態で精練する。そうすると緯糸が縮みシボが出来るという仕組みです。あ~なるほど!
綛の状態で精練するともの凄く縮みたわしの様な状態にまでなります。しかし西陣ではこの糸を精練染色して使われる着尺やさんもあります。この種の糸は小売りでは通常販売しておりません。
(先染めでは相当、かなり使いにくいので覚悟してご購入下さい)


☆水撚り(みずより)
当社HP掲載の八丁撚糸機とはまた違った八丁撚糸機をしようした強片撚りで白生地用に使用される緯糸。撚糸時に水を付けセリシンによって撚りを止めてある糸。この糸も綛状にする事はほぼ不可能。 (正直、西陣でもほぼ扱わないので詳しく解りません。ごめりんこ)


・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・

ここからは僕の想像する「強撚糸」ではない撚糸!

・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・∵・∴・


★駒撚り(たぶん業界でも強撚糸には含みません。産地によるのかな?)
とりあえず撚りの良く入っている糸。精練をしても若干しか縮まない為、通常の糸と使用時になんら変わりはありませんが少し糸繰りはしにくいかもしれません。特徴としてはシャリ感があり(汗をかいてもべとつかずさらっとしている)、着ていても毛羽が立ちにくい事で着尺やさんでは良く使用される糸。


★双撚りの糸(これは強撚糸には絶対に含みません)
おそらくこれまで片撚りなど撚りの甘い糸しか使用されていない方がおっしゃるぐらいかな?
確かに片撚りよりかはきついけど、、、 (糸屋の立場からするとなんでやねん!と言った感じかな?)


以上、着尺を織られていない方はもしかしてちんぷんかんぷんの内容かもしれませんが、西陣のある糸屋が思う強撚糸の話とさせて頂きまちゅ~。
(業界の方でも考え方が違う方もいるので絶対とは言い切れませんのでご理解下さいませ)   




※これらは2005年1月25日に西陣の糸屋が発行したメールマガジンを変更した内容です。
ページ内の文章・写真・画像の一切の転載を禁止します。著作権は有限会社吉川商事にあります。
このページ記載の内容や新着情報は無料でご購読いただけます。

最終更新日2012年2月



西陣の糸屋商品館へ進む


ホームページに関するご意見・ご希望・絹糸・生糸・金糸・銀糸に関するご質問・お問合せはこちらよりお願いします。

ホームページ掲載の文章・写真・画像の一切の転載を禁じます。著作権は有限会社吉川商事にあります。発見された方は、ご一報下さい。  
絹糸は西陣の糸屋
 
西陣の糸屋 情報資料館
 
絹糸は西陣の糸屋
生糸・絹糸・絹ミシン糸・人形の髪の毛(すが糸)・日本刺繍糸・正絹唐打ち紐・繭だま・帽子真綿・金糸・銀糸は西陣の糸屋にお任せ下さい!


シルクパジャマ シルク寝具 シルク製品

シルク化粧品 ・ 絹製品を販売 シルク製品は「シルクの部屋」 ともに頑張るサイト