生糸・絹糸・絹ミシン糸・人形の髪の毛(すが糸)・日本刺繍糸・正絹唐打ち紐・繭だま・帽子真綿・金糸・銀糸は西陣の糸屋にお任せ下さい!
絹糸は西陣の糸屋
 
西陣の糸屋 情報資料館
 
絹糸は西陣の糸屋
 
目次
絹糸の解説 ◆生糸の呼び方と構造
◆機械製糸と座繰り
◆生糸 ・絹糸の節
◆良い糸 ・悪い糸
◆玉糸のお話
◆手引き真綿糸
◆専門用語の意味と呼び方
◆キビソ糸 ・ビス糸
◆絹糸の撚糸
◆真綿糸などに使う撚糸

◆生糸の保管状況と品質
◆経糸 ・緯糸の違い
◆経糸の糊付け
◆枇杷染めのお話し
◆撚度の差による染色の違い
◆英式綿番手と仏式綿番手
◆幻の糸 網糸
◆長繊維と短繊維
◆ちょっとしたお得な情報
◆21中8本片が出来るまで

◆21中8本双が出来るまで
◆柞蚕糸のお話し
◆八墓村のたたり
◆糸の撚り回数の違い
◆しのぶもぢずり
◆長さの単位
◆猿でも解る?簡単な撚糸
◆御召しと縮緬のお話
◆御召しと縮緬のお話2
◆絹糸の驚くべき強度

◆絹糸の精練と絹鳴り
◆これって同じ糸?違う糸?
◆カセ状の糸の名称 ・扱い方
◆筬の密度と経糸の必要量
◆杢糸って知ってる?
◆西陣織業界の職種
◆絹糸の判別方法
◆強撚糸
◆壷糊と一本糊
◆経糸密度と繊度の関係

◆本金糸と金糸と銀糸
◆糸の喧嘩(太さ調べ)
◆先染め織物と後染め織物
◆絹糸のロット違い
◆絹糸を分析する
◆二子(ふたこ)と三子(みこ)
◆太い絹糸と細い絹糸の価格
◆絹って?シルクって?何?
◆イタリー式撚糸工場
◆リング式撚糸工場

◆未精練での染色(生染め)
◆戦後の歴史と繁栄 製糸商標



●ぷちぷち桑農家日記
●続・ぷちぷち桑農家日記
●蚕蛾の一生
●新・ぷっち養蚕農家日記
●続・ぷっち養蚕農家日記


●天蚕飼育家との出会い



手織り&人形展示会 ◆織物展示会のご案内
◆人形展示会のご案内
●旧織物展示会
●旧人形展示会


手織り&人形リンク ◆織物教室&作家のリンク
◆人形教室&作家のリンク
◆手芸材料店のリンク
◆掲載依頼フォーム


西陣の糸屋に連絡 ◎メールによるご質問
◎直接メール


西陣の糸屋の経歴
西陣の糸屋の会社案内
生糸・絹糸・金糸の情報


○昔の西陣の糸屋TOP
 

 手引き真綿糸のお話し

皆さんは手引き真綿糸をご存知でしょうか?

手引き真綿糸の特徴はふっくらとした軽い風合い、と繊維が比較的まっすぐ揃っている事によってでる光沢、そして人の手によってしか出来ない不均一な太細、等々で現在比較的手に入れることの出来る糸の中で、玉糸と並ぶ織物人気原料糸の一つです。

ではそれをどうやって製造しているか?

まずはたくさんの繭をお湯の中で無造作に引っ張り、そしてそれを何重にも積み重ねて固まりにして真綿を作っていきます。この時、何故かは解りませんが普通の繭玉以外に必ず玉繭を使用するみたいです。

ちなみに、、、

帽子のように丸い型の上に繭玉を広げ何重にも重ね合わせて出来た真綿を帽子真綿

平面上に四角く繭玉を広げ何重も重ね合わせて出来た真綿を角真綿と呼びます。


帽子真綿



その真綿を手でつまみ出しながら1本の糸にしていった糸が手引き真綿糸と呼ばれる物です。


製造時には糸繰り機を使って一定のスピードで巻き上げて行き
細い手引き真綿は微妙な繊度調整が難しく、逆に太すぎると原料(真綿)の減りが早くて難しいみたいです。
お客さまの中には、帽子真綿・角真綿を購入してご自分で糸を引いてかれる方がおられるみたいですが、 私もそこまでは体験した事が有りません。汗

ホント当店のお客さまは凄いです。びっくりです。

現在、何処かにはあるのでしょうけど、私の知っている限りでは日本で手引き真綿糸を生産する工場は無くなってしまいました。現在は結城地方ですら中国の手引き真綿&原料真綿が入っておりますので、、、
ちなみに現在日本でで売られている真綿はほとんどが中国製の手引き真綿糸です。
しかも現在真綿製造工場は1社のみですので今後もしかすると中国真綿もなくなる可能性が多いです。
私の勝手な想像では中国でも5年後に60%は製造してないかな?



■手引真綿糸の繊度表示
現在、使用されている手引真綿糸の繊度を表す単位には「回数と言う単位」と「匁(もんめ)」と言う単位があります。あまりご存じで無い方も多 いと思いますので詳しく説明しましょう。


●回数(かいすう)
古くから日本で使用されてきた単位
真綿糸は普通、枠周1.11mで1綛すが40gにするようにしてい ました。
その時に何回枠を回っているか?がこの単位表示です。
数字が大きくなれば細くなります。


●匁(もんめ)
中国真綿に使われている単位
1匁あたり50デニールと計算されている方もいらっしゃるみたいですが、正確には約40デニールが正解みたいです。



だいたい解りましたでしょうか?



現在では中国から入ってきている手引真綿糸は何故か細い物は「匁表示(3~7)」太い物は「回数表示」で入荷されています?当店では3~5匁の絹糸を何故か匁表示で販売しております。笑
(昔から何故かそのように販売していたので、、、)


ちなみに当店では下記のように同じ太さの絹糸とお客さまに説明しております。
同じ太さに2種類の呼び方とは、、、解りにくいですね、、、すみません。

手引真綿5匁=手引真綿1600回
手引真綿6匁=手引真綿1300回
手引真綿7匁=手引真綿1100回




このように?ホント多くの方に人気のある手引真綿糸ですが、ただその 不均一さ、節の大きさにより経糸(たていと)にはあまり向かない糸でもあります。でも人間の欲望は出来ないことならなおさらやりたいという願 望にお答えするために生まれた糸があります。

それが、ホームページ上で掲載されている手引真綿5匁タスキです。
この糸 は手引真綿5匁に28中の生糸を2本、2行程で付けることにより包み込んであります。
(繊度平均250デニール)しかも真綿糸には使いやすく&出来る限り光沢を残す為、少しだけ撚りをかけております。
経糸、緯糸共にこの糸を使われて織物を作られている方もいらっし ゃいます。
経糸にする際はより使いやすくする為に糊を付けているようです。

ちなみにもう少し細い
4.5匁に21中生糸を2本付けた糸
3.5匁に21中生糸を4本付けた糸
も有りますよ!

以上宣伝終わり!

タスキよりについてはまた後ほど説明していきますが、詳しいこと を今知りたい方はHPの撚りのお話をご覧下さい!




※これらは2000年6月11日に西陣の糸屋が発行したメールマガジンを変更した内容です。
ページ内の文章・写真・画像の一切の転載を禁止します。著作権は有限会社吉川商事にあります。
このページ記載の内容や新着情報は無料でご購読いただけます。

最終更新日2012年2月



西陣の糸屋商品館へ進む


ホームページに関するご意見・ご希望・絹糸・生糸・金糸・銀糸に関するご質問・お問合せはこちらよりお願いします。

ホームページ掲載の文章・写真・画像の一切の転載を禁じます。著作権は有限会社吉川商事にあります。発見された方は、ご一報下さい。  
絹糸は西陣の糸屋
 
西陣の糸屋 情報資料館
 
絹糸は西陣の糸屋
生糸・絹糸・絹ミシン糸・人形の髪の毛(すが糸)・日本刺繍糸・正絹唐打ち紐・繭だま・帽子真綿・金糸・銀糸は西陣の糸屋にお任せ下さい!


シルクパジャマ シルク寝具 シルク製品

シルク化粧品 ・ 絹製品を販売 シルク製品は「シルクの部屋」 ともに頑張るサイト