生糸・絹糸・絹ミシン糸・人形の髪の毛(すが糸)・日本刺繍糸・正絹唐打ち紐・繭だま・帽子真綿・金糸・銀糸は西陣の糸屋にお任せ下さい!
絹糸は西陣の糸屋
 
西陣の糸屋 情報資料館
 
絹糸は西陣の糸屋
 
目次
絹糸の解説 ◆生糸の呼び方と構造
◆機械製糸と座繰り
◆生糸 ・絹糸の節
◆良い糸 ・悪い糸
◆玉糸のお話
◆手引き真綿糸
◆専門用語の意味と呼び方
◆キビソ糸 ・ビス糸
◆絹糸の撚糸
◆真綿糸などに使う撚糸

◆生糸の保管状況と品質
◆経糸 ・緯糸の違い
◆経糸の糊付け
◆枇杷染めのお話し
◆撚度の差による染色の違い
◆英式綿番手と仏式綿番手
◆幻の糸 網糸
◆長繊維と短繊維
◆ちょっとしたお得な情報
◆21中8本片が出来るまで

◆21中8本双が出来るまで
◆柞蚕糸のお話し
◆八墓村のたたり
◆糸の撚り回数の違い
◆しのぶもぢずり
◆長さの単位
◆猿でも解る?簡単な撚糸
◆御召しと縮緬のお話
◆御召しと縮緬のお話2
◆絹糸の驚くべき強度

◆絹糸の精練と絹鳴り
◆これって同じ糸?違う糸?
◆カセ状の糸の名称 ・扱い方
◆筬の密度と経糸の必要量
◆杢糸って知ってる?
◆西陣織業界の職種
◆絹糸の判別方法
◆強撚糸
◆壷糊と一本糊
◆経糸密度と繊度の関係

◆本金糸と金糸と銀糸
◆糸の喧嘩(太さ調べ)
◆先染め織物と後染め織物
◆絹糸のロット違い
◆絹糸を分析する
◆二子(ふたこ)と三子(みこ)
◆太い絹糸と細い絹糸の価格
◆絹って?シルクって?何?
◆イタリー式撚糸工場
◆リング式撚糸工場

◆未精練での染色(生染め)
◆戦後の歴史と繁栄 製糸商標



●ぷちぷち桑農家日記
●続・ぷちぷち桑農家日記
●蚕蛾の一生
●新・ぷっち養蚕農家日記
●続・ぷっち養蚕農家日記


●天蚕飼育家との出会い



手織り&人形展示会 ◆織物展示会のご案内
◆人形展示会のご案内
●旧織物展示会
●旧人形展示会


手織り&人形リンク ◆織物教室&作家のリンク
◆人形教室&作家のリンク
◆手芸材料店のリンク
◆掲載依頼フォーム


西陣の糸屋に連絡 ◎メールによるご質問
◎直接メール


西陣の糸屋の経歴
西陣の糸屋の会社案内
生糸・絹糸・金糸の情報


○昔の西陣の糸屋TOP
 

 絹糸のロット違い

今回の話ですが皆さまがあまり知る必要も無い内容なんですが、、、
お客さまと色々なお話をする際に知っておいて頂くと理解して頂ける 事が増えるという事で、、、
押しつけ講義という事で、、、聞きなさい!(笑)

僕たち糸屋が糸を撚糸する際には糸の種類にもよるのですが 約200gほど糸を巻いたボビンが200本セット出来る機械を使用して撚糸しております。すごく大きな撚糸機械なんです。

ん?約200gが200本!?
はい!一度に約40kgの撚糸が出来てしまうのです。

だから通常時、製造する時の最低ロットは150kg(昔は300kg) だから少量の撚糸を依頼される場合は200本のうちのちょびっとだけを使って撚糸する事になります。
(あまり少ないと機械の空回りが機械を駄目にするので出来ないんです)
もちろん電気代は同じ。

当方のような糸屋は一度に、沢山生糸撚糸をつくって在庫がなくなるまでちびちびと出荷します。
一度に300kgも作成すると当方でも約3~6ヶ月は無くなりません。
そして在庫がなくなりかけた時、また同じようにどさっと生糸撚糸を作成します。

そうすると、、、「以前に作った撚糸」 と「新しく作った撚糸」の2種類が出来上がります。
(在庫を切らさないように準備すればどうしても、、、)

これらの糸を混ぜて使用出来れば当方にとっては非常に有り難い話なのですがこれが問題。
当方ではお客さまに対してそんなこと出来ません。

何故かというと、、、
生糸の製造時期が少しでも違うと言う事は、、、
原料(繭)のロットも 全く同じではない。水も季節によって多少違う。

と言う事で、、、

これを当方では「ロット違い」と言っております。

同時に染めた際に若干の色の差が出る可能性があるのです。
(時期等が合えば同じ色になる可能性ももちろんあるのですが、、、)
人によっては同じ工場だから大丈夫と言う方もおられるが、私は非常にお堅い性格でして、、、
(騙すような売り方は嫌なんです。違う物は違うんです。)

同じ工場の同じロットの絹糸でも精練のロットが違うだけで若干の色の差が出るくらいですから、、、

だから最後に残った糸とお客さまのご注文の数量が合えば非常に気持ちよい!
ただそれだけです、、、(笑)



◆どうでも良い話のさらに番外編

通常、織屋さんに行く場合の最低の単位は皆さまご存じの「綛(すが)=カセ」 を60~180合わせて(種類によって重さはまちまち)固まりを作った物=「括(かつ)」 と言う単位で販売しております。

しかし撚糸をすると1つの「括(かつ)」の単位にみたない物(半端と言う)が どうしても出てくるのです。これがどうしてもあるので当社は皆さまに糸の販売を開始する事が出来たのです。
半端がなくなれば「括」をばらしてまた 新たな半端を作る。
常に半端は1つなのでOK! (糸の種類によっては半端をお願い出来る織屋さまもおられます)
だから別注で撚糸を作らせて頂きました場合には、このような半端まですべてを引き取って頂かなくて非常に困る、、、事になります。(笑)



文章はちゃんと書いたのですが前後のつながり等を考えればもしかしてばらばら!?
それなりに理解して頂けるメールマガジンになったかな!?
役に立たなかった人が多いでしょうけどお許し下さい。

もしも「役に立たない!」とお怒りの方がおられましたら次回の原稿を 宜しくご協力下さいませ。
皆さまに喜んで頂ける内容を期待しております! もうやけくそやね、、、(笑)

特に私の無知の染め関係の内容があれば、、、、よろしく~~~




※これらは2008年2月24日に西陣の糸屋が発行したメールマガジンを変更した内容です。
ページ内の文章・写真・画像の一切の転載を禁止します。著作権は有限会社吉川商事にあります。
このページ記載の内容や新着情報は無料でご購読いただけます。

最終更新日2012年2月



西陣の糸屋商品館へ進む


ホームページに関するご意見・ご希望・絹糸・生糸・金糸・銀糸に関するご質問・お問合せはこちらよりお願いします。

ホームページ掲載の文章・写真・画像の一切の転載を禁じます。著作権は有限会社吉川商事にあります。発見された方は、ご一報下さい。  
絹糸は西陣の糸屋
 
西陣の糸屋 情報資料館
 
絹糸は西陣の糸屋
生糸・絹糸・絹ミシン糸・人形の髪の毛(すが糸)・日本刺繍糸・正絹唐打ち紐・繭だま・帽子真綿・金糸・銀糸は西陣の糸屋にお任せ下さい!


シルクパジャマ シルク寝具 シルク製品

シルク化粧品 ・ 絹製品を販売 シルク製品は「シルクの部屋」 ともに頑張るサイト