生糸・絹糸・絹ミシン糸・人形の髪の毛(すが糸)・日本刺繍糸・正絹唐打ち紐・繭だま・帽子真綿・金糸・銀糸は西陣の糸屋にお任せ下さい!
絹糸は西陣の糸屋
 
西陣の糸屋 情報資料館
 
絹糸は西陣の糸屋
 
目次
絹糸の解説 ◆生糸の呼び方と構造
◆機械製糸と座繰り
◆生糸 ・絹糸の節
◆良い糸 ・悪い糸
◆玉糸のお話
◆手引き真綿糸
◆専門用語の意味と呼び方
◆キビソ糸 ・ビス糸
◆絹糸の撚糸
◆真綿糸などに使う撚糸

◆生糸の保管状況と品質
◆経糸 ・緯糸の違い
◆経糸の糊付け
◆枇杷染めのお話し
◆撚度の差による染色の違い
◆英式綿番手と仏式綿番手
◆幻の糸 網糸
◆長繊維と短繊維
◆ちょっとしたお得な情報
◆21中8本片が出来るまで

◆21中8本双が出来るまで
◆柞蚕糸のお話し
◆八墓村のたたり
◆糸の撚り回数の違い
◆しのぶもぢずり
◆長さの単位
◆猿でも解る?簡単な撚糸
◆御召しと縮緬のお話
◆御召しと縮緬のお話2
◆絹糸の驚くべき強度

◆絹糸の精練と絹鳴り
◆これって同じ糸?違う糸?
◆カセ状の糸の名称 ・扱い方
◆筬の密度と経糸の必要量
◆杢糸って知ってる?
◆西陣織業界の職種
◆絹糸の判別方法
◆強撚糸
◆壷糊と一本糊
◆経糸密度と繊度の関係

◆本金糸と金糸と銀糸
◆糸の喧嘩(太さ調べ)
◆先染め織物と後染め織物
◆絹糸のロット違い
◆絹糸を分析する
◆二子(ふたこ)と三子(みこ)
◆太い絹糸と細い絹糸の価格
◆絹って?シルクって?何?
◆イタリー式撚糸工場
◆リング式撚糸工場

◆未精練での染色(生染め)
◆戦後の歴史と繁栄 製糸商標



●ぷちぷち桑農家日記
●続・ぷちぷち桑農家日記
●蚕蛾の一生
●新・ぷっち養蚕農家日記
●続・ぷっち養蚕農家日記


●天蚕飼育家との出会い



手織り&人形展示会 ◆織物展示会のご案内
◆人形展示会のご案内
●旧織物展示会
●旧人形展示会


手織り&人形リンク ◆織物教室&作家のリンク
◆人形教室&作家のリンク
◆手芸材料店のリンク
◆掲載依頼フォーム


西陣の糸屋に連絡 ◎メールによるご質問
◎直接メール


西陣の糸屋の経歴
西陣の糸屋の会社案内
生糸・絹糸・金糸の情報


○昔の西陣の糸屋TOP
 

 壷糊と一本糊

ネタに困って今回は簡単に糊のお話しをさせて頂きます。

皆さんが手引の真綿・玉糸などを使われる場合、糊を付けたり されているとは思いますが糊の成分以外に糊の付着方法として色々な種類があるのです。

その一つとして皆さまが良くされている染色後の「綛(すが)」 のまま染色と同じ手順でおけに入っている糊をしみ込ませて付ける 「壺糊(つぼのり)」と言う方法。

糸を扱える者にとっては一番簡単で西陣でも染屋さん&糊屋さんとしてくれる所はあります。
長所としては簡単に何処でもやってもらえて価格も安い事。
短所は糊の付き方に斑が出る事。
綛の状態で糊を付けるから糸と糸がひっつき、はがす時に若干の毛羽がでてしまい使用時にも糸同士がひっつきやすい事などがあります。

そしてこれはご存じの方も少ないのではないかと思いますが「一本糊」 と言う付着方法。
これは染色後に一度枠に繰り、その糸を1本づつ 「壺の中の糊」に通す事によってしみ込ませ、乾燥させ違う枠に巻き 取る方法です。
長所は糊が糸に均等に付き毛羽も完全になくす事が出来る。
経糸にこの糊を使用すれば開口も良くなりかなり楽に織れるようになります。
逆に短所は加工賃が「壺糊(つぼのり)」よりも高いだけかな?
(巻き取る際に糸を乾燥させる必要があるため、広い場所が必要で手間も「壺糊(つぼのり)」よりかかる。 そんででもって現在でも職人さんはほとんどいらっしゃいません)


今回のメルマガは内容が少ないですが以上でごじゃいまちゅ!


でも、「へ~そんな方法があるのか~一度やってみたい!」と思われる方もいらっしゃるのでは、、、 と言う事でさすが西陣の糸屋!う~ん素晴らしい!

解りにくいかもしれませんが皆さまでも出来るように軽くご説明させて頂きます。
(あまり道具も無いでしょうから一度に1綛づつの方法でご説明)

用意する物

◎「染織済みの糸」(四つ枠に繰っておいて下さい)
◎「反対側で糸を巻き取る道具」(糸車と四つ枠)
◎「蓋付きのタッパに使用される糊を入れたもの」(糊の保存も考えて)
◎「太い目の針金」(糸の通り道を作ります?)
◎「ドライヤー?ストーブ?」(出来るだけ高出力の物が良い)
◎「大きな段ボール箱」(ドライヤーの熱を効率的にあてるために)
◎「出来る限り広い場所」(エアコンの風の当たる場所が必要かも)

まずはじめに要領だけ言いますね~
部屋の端に加工前の糸の付いた四つ枠を置き、その糸を糊の入ったタッパの中に通し、ドライヤー&エアコンで乾燥させながら部屋の反対側の糸車で乾燥後の糸を巻き取っていきます。

たった これだけ、、、

(100m以上の長い廊下やお庭があればドライヤー&エアコンも必要ないかも?ははは!)



一目瞭然の図で説明すると、、、
左の糊付け部分を出た糸を右の乾燥室で乾燥する順序です。
糊付け
上記の2枚の画像でご理解頂けましたでしょうか?
金属棒と書いてある部分は出来ればローラーなどで回転すれば糸を引く抵抗が少しでも減るのでGOODだと思います。(右図はローラーでないと抵抗がかかりすぎて、間違いなく糸が切れる、、、汗)


左側の画像は糊を綺麗に確実につける。


右側の画像はドライヤーなどの熱風で強制的に乾燥する。
少しでも引っ付くと使用時に剥がれ毛羽になりこの一本糊をする価値がなくなってしまうのです。


箱から出た糸は出来ればすぐに巻き取らず、出来る限り乾燥をさせて、出来れば常温に戻してから巻き取ってください。

出来れば、、、

すべては少しでもいい品質の為、、、



こんなもんでご理解頂けたでしょうか?
なんやかんやでまたまたかなり書いてしまいました。ぽりぽり。




※これらは2005年6月8日に西陣の糸屋が発行したメールマガジンを変更した内容です。
ページ内の文章・写真・画像の一切の転載を禁止します。著作権は有限会社吉川商事にあります。
このページ記載の内容や新着情報は無料でご購読いただけます。

最終更新日2012年2月



西陣の糸屋商品館へ進む


ホームページに関するご意見・ご希望・絹糸・生糸・金糸・銀糸に関するご質問・お問合せはこちらよりお願いします。

ホームページ掲載の文章・写真・画像の一切の転載を禁じます。著作権は有限会社吉川商事にあります。発見された方は、ご一報下さい。  
絹糸は西陣の糸屋
 
西陣の糸屋 情報資料館
 
絹糸は西陣の糸屋
生糸・絹糸・絹ミシン糸・人形の髪の毛(すが糸)・日本刺繍糸・正絹唐打ち紐・繭だま・帽子真綿・金糸・銀糸は西陣の糸屋にお任せ下さい!


シルクパジャマ シルク寝具 シルク製品

シルク化粧品 ・ 絹製品を販売 シルク製品は「シルクの部屋」 ともに頑張るサイト