生糸・絹糸・絹ミシン糸・人形の髪の毛(すが糸)・日本刺繍糸・正絹唐打ち紐・繭だま・帽子真綿・金糸・銀糸は西陣の糸屋にお任せ下さい!
絹糸は西陣の糸屋
 
西陣の糸屋 情報資料館
 
絹糸は西陣の糸屋
 
目次
絹糸の解説 ◆生糸の呼び方と構造
◆機械製糸と座繰り
◆生糸 ・絹糸の節
◆良い糸 ・悪い糸
◆玉糸のお話
◆手引き真綿糸
◆専門用語の意味と呼び方
◆キビソ糸 ・ビス糸
◆絹糸の撚糸
◆真綿糸などに使う撚糸

◆生糸の保管状況と品質
◆経糸 ・緯糸の違い
◆経糸の糊付け
◆枇杷染めのお話し
◆撚度の差による染色の違い
◆英式綿番手と仏式綿番手
◆幻の糸 網糸
◆長繊維と短繊維
◆ちょっとしたお得な情報
◆21中8本片が出来るまで

◆21中8本双が出来るまで
◆柞蚕糸のお話し
◆八墓村のたたり
◆糸の撚り回数の違い
◆しのぶもぢずり
◆長さの単位
◆猿でも解る?簡単な撚糸
◆御召しと縮緬のお話
◆御召しと縮緬のお話2
◆絹糸の驚くべき強度

◆絹糸の精練と絹鳴り
◆これって同じ糸?違う糸?
◆カセ状の糸の名称 ・扱い方
◆筬の密度と経糸の必要量
◆杢糸って知ってる?
◆西陣織業界の職種
◆絹糸の判別方法
◆強撚糸
◆壷糊と一本糊
◆経糸密度と繊度の関係

◆本金糸と金糸と銀糸
◆糸の喧嘩(太さ調べ)
◆先染め織物と後染め織物
◆絹糸のロット違い
◆絹糸を分析する
◆二子(ふたこ)と三子(みこ)
◆太い絹糸と細い絹糸の価格
◆絹って?シルクって?何?
◆イタリー式撚糸工場
◆リング式撚糸工場

◆未精練での染色(生染め)
◆戦後の歴史と繁栄 製糸商標



●ぷちぷち桑農家日記
●続・ぷちぷち桑農家日記
●蚕蛾の一生
●新・ぷっち養蚕農家日記
●続・ぷっち養蚕農家日記


●天蚕飼育家との出会い



手織り&人形展示会 ◆織物展示会のご案内
◆人形展示会のご案内
●旧織物展示会
●旧人形展示会


手織り&人形リンク ◆織物教室&作家のリンク
◆人形教室&作家のリンク
◆手芸材料店のリンク
◆掲載依頼フォーム


西陣の糸屋に連絡 ◎メールによるご質問
◎直接メール


西陣の糸屋の経歴
西陣の糸屋の会社案内
生糸・絹糸・金糸の情報


○昔の西陣の糸屋TOP
 

 21中8本片の出来るまで

それでは、通常の撚糸の製造行程を説明したいと思います。
本気で手織りをされる方などははっきり理解して下さいね!


「21中8本片の出来るまで」


今回の場合、使用する原料は生糸21
中の原糸(単糸)のみです。


●生糸21中の説明
製糸工場から私たち糸屋が買う糸、「21中生糸」は1綛でなん と約200g!
これまでのメールマガジンを理解して頂けた方は簡単に解ると思いますが、9000mで21gと言うことは、1綛が200gと言う事は、、、約85714mもあるのです。
髪の毛よりも数倍細い生糸が1綛で85714mも、、。ぎょえ~!

ところで皆さま、話は変わりますが製糸工場から来る糸の枠周は何メートルだと思いますか?
A正解は1.40m枠です。(通常の生糸撚糸の枠周は1.27mです)
ぬあんと、、、1.40mで約61224回も回っているのです、、、
余談ですが、当社販売の撚糸も枠周1.40mの糸がありますが、、、 もうお解りですね!
その糸は製糸工場で出来た糸なんです。


①まずは「漬け込み」(まだまだ糸繰りの準備段階)
製糸工場から送られてきた生糸単糸は、枠の角がセリシンで固着しております。
これはばらばらになって綾が乱れないようにしてるので必要なのですが、固い状態だと糸繰りがしにくかったり、糸がさけたりします。 だからその堅い部分をほぐす&撚糸工程時に撚りが均一に入るよう糸を柔らかくする為、撚糸油を溶かしたお湯の中に入れるんです。これを専門用語で漬け込みと言います。 当社の北陸工場ではお風呂の浴槽にお湯を入れそこに「どぼっ」と浸けています。
(撚糸屋さんは別の場所にちゃんとしたお風呂があるのでご心配なく!誰もそんな事心配してへんかっ。) その後自然乾燥をするため竿に干し工場内で約3日乾かします。


②いよいよ「糸繰り」の始まり。
ここからはみなさんもされている糸繰りです。と言っても撚糸工場で行っている糸繰りはみなさまの数倍のスピード、通常一度繰り出した糸は一度も切れずに最高の速度で巻き上げると約8時間。
21中(21デニール)の生糸が時速11km程の速度で巻き取られていくんです。汗
ちなみに巻き取りは撚糸専用のボビンに巻き取られます。


③続きまして「合糸」(まだまだ撚糸の準備)
この工程では撚糸の最終準備として生糸を8本に引き揃える作業を行います。 (「8本合わせ」と言う名前で「21中8本片」を販売している所もあるみたいですが、正式には「8本合わせ」と言うのはこの状態(撚りは一切かかっていません)の事を言います。
ちなみに先ほどと同じ形状の別のボビンに巻かれます。
撚糸機によってこの工程は、撚糸と同時に出来てしまうんですが、当社の北陸工場では撚糸の種類にあった専用機(今回はイタリー撚 糸機)を使用していますのでこの工程が必要になります。
撚糸という工程でも最適な撚糸をするためには色々な機械があるんです。


④やっとこれからが「撚糸」(いよいよ終盤)
さ~みなさんご存じの撚糸開始!撚糸機を使って撚りをかけていき ます。
1メーターあたり約180回右向きに撚りをかけてまた別の ボビンに巻いていきます。


⑤まだあるの?「セット」(通称「蒸し」と呼ばれる工程)
前回の「撚糸」工程で一応「21中8本片」と言う糸が出来ましたが、これで終わりではないんです。
撚りの安定度高める為(せっかくかけた撚りが戻りにくなるようにする)、ボビンのまま蒸気によって少し熱を加え蒸されるのです。(この工程で使うボビンはち ゃんとたくさんの穴があいていて蒸気が内側からも入るようになっ ているのです。さすがっ!)
この工程は横浜の中華街のシュウマイを思い出して下さい。 ※絶対によだれを垂らさないで下さい。

⑥またまた乾燥待ち(凄い時間がかかるものでしょ!)
蒸気蒸しにされた糸は約1日間自然乾燥させます。
これでやっと生糸撚糸「21中8本片」の完成です。ふ~。


⑦いよいよ大詰め!
最後に1.27mの枠に繰られ糸口をとります。
(「巻き初めの糸」と「巻き終わりの糸」を別の糸と結び解るようにする)
その他にも2~3箇所「ひびろ」(綛の綾が乱れないように交差するように入れる別の糸)を入れます。この糸がなかったら 染めたりした後、繰れない糸になりますから最後の大切な工程です。 糸繰り時にこの糸を外すのが面倒くさいと思った事のある方!大切なんです。面倒くさがらないでね。
撚糸やさんの愛情のこもった糸なんです。

⑧いよいよ「糸屋さんに出荷っ!」
出来上がった糸を600綛(糸の種類によって綛数は違います)合わせてひもで括り紙に包まれます。
この状態を「括(かつ)」と言い、 「1括」が通常機屋さんと取り引きする最低の数量となります。
撚糸って単に糸撚り合わせるだけでも、びっくりするぐらい時間が かかるものでしょ!
(これでも片撚りは一番作業工程が少ない撚糸なんです。)


⑨出発進行!
運送会社さんに、、、 (誰か止めて~!こんな事は書く必要がないですね。)
以上、今回は「21中8本片の出来るまで」をご説明しました。



綿糸や麻糸などはこのような撚りだと使用時に抜けてしまう為ほとんど存在しない撚りです。
(紡績糸は撚りを掛ける事により繊維を絡ませて強度を作っているので、、、)



どうでしたか?
おもしろくなかった?


僕は疲れました、、、。ふ~。




※これらは2001年4月4日に西陣の糸屋が発行したメールマガジンを変更した内容です。
ページ内の文章・写真・画像の一切の転載を禁止します。著作権は有限会社吉川商事にあります。
このページ記載の内容や新着情報は無料でご購読いただけます。

最終更新日2012年2月



西陣の糸屋商品館へ進む


ホームページに関するご意見・ご希望・絹糸・生糸・金糸・銀糸に関するご質問・お問合せはこちらよりお願いします。

ホームページ掲載の文章・写真・画像の一切の転載を禁じます。著作権は有限会社吉川商事にあります。発見された方は、ご一報下さい。  
絹糸は西陣の糸屋
 
西陣の糸屋 情報資料館
 
絹糸は西陣の糸屋
生糸・絹糸・絹ミシン糸・人形の髪の毛(すが糸)・日本刺繍糸・正絹唐打ち紐・繭だま・帽子真綿・金糸・銀糸は西陣の糸屋にお任せ下さい!


シルクパジャマ シルク寝具 シルク製品

シルク化粧品 ・ 絹製品を販売 シルク製品は「シルクの部屋」 ともに頑張るサイト